フルオーダーメイドシルエットカラーポケットフロントバック クレリック ボタンネームオーダーネーム

金港堂のカフスのデザイン

【カフス型は11の種類の中から選択できます。】

当店のカフス型11種類更にカフスの巾も見本よりは0.5センチ単位で調整ができます。

 また時計をされる方は左右のカフスの大きさ(周り)を変えることも可能です。
薄い時計なら右より左を+0.5センチ、厚い時計ならば+1.0センチなど。

ダブルカフスはカフスボタン専用となりますが、その他のカフスでもカフスの両端にボタンホールを開けることによって通常のボタン止めのみの仕様と、カフスボタンもできるコンバーチブル仕様にも対応可能です。

画像をクリックすると更に大きな画像が別ウィンドウで表示されます。


1)スタンダードカフス 2)ラウンドカフス
(中丸)
3)ラウンドカフス
(大丸)
4)スクエア
角落とし
5)直角(本カフス)
6)ボタン2個付き
ラウンド
7)ボタン2個付き
角落とし
8)ダブルカフス
折り返しラウンド
9)ダブルカウス
折り返し直角
10)ターンナップカフス

ボタン1個

(プラス¥1,000+税)

11)ターンナップカフス

ボタン2個

(プラス¥1,000+税)

12)当店の
デザイン ページ
からデザイン
を選択する

カフスの左右の大きさを変える。

【時計をされる場合時計の大きさだけカフスの周りの大きさを変える】

一般的にはカフス周りの大きさというのは左右同一です。ただ時計をする場合はどうしても時計がカフスに当たりカフスを早く痛めてしまう可能性が高いです。それを少しでも回避する為にカフスの左右の大きさを変えることが可能です。
 
時計をされない方
薄い時計の場合
厚い時計の時
左カフス
左右差無し
+0.5センチ
+1.0センチ
右カフス(右に時計をされる方)
左右差無し
+0.5センチ
+1.0センチ


カフスのコンバーチブル仕様(カフスボタンも止められます)

【カフスボタンを使われる方に】

ダブルカフスでなくてもコンバーチブルと言いまして、カフスのバタンホールをボタン側にも開けることによって写真のyうにカフスも付けることができます。通常のボタン止でもカフスボタンでもどちらでも可能なことからコンバーチブルと呼んでいます。

またカフスボタンしかされない方は両方にボタンホールを空けてボタン無しにすることも可能です。
 カフスの仕様
ボタン付き
ボタン無し
シングルボタン止のみ
×
コンバーチブル仕様


カフスの芯

カフス芯の種類/芯の硬さ 普通芯
(普通の硬さ)
ソフト芯 超ソフト芯
(ペラペラの芯)
接着芯 ご用意しておりません
非接着芯(フラシの芯)

当店には2種類の芯(接着芯と非接着芯)をご用意しております。それぞれを選択できるようにはしておりますが、一般的なビジネス仕様のデフォルトの選択を接着芯の普通芯(普通の硬さ)にしてあります。

通常は衿とカフスの芯は同じにしますが、稀に衿はソフト芯、カフスは普通芯と芯の


※接着芯と非接着芯(フラシの芯)の違いについて

接着芯とは衿とカフスの中に入っている芯と衿やカフスの生地を芯に貼ってある樹脂で接着したものです。
非接着芯(フラシの芯)とは接着芯とは違い芯と衿やカフスの生地とは接着していない芯です。
日本で販売される多くが接着芯を使っているものだと思います。


【接着芯のメリット】
芯と生地がくっついているのでプレスをしてもシワになることがなく、ご家庭でもアイロンがけがスムーズです。またご家庭でかけるアイロンでの温度であれば縮みも大きくはありません。

【接着芯のデメリット】
樹脂を使って生地と芯を接着しているので、クリーニング屋さんなどで高温のプレスをかけると縮みが大きくでる場合もあります。


【非接着芯(フラシの芯)のメリット】
樹脂を使っていないので縮みが接着芯に比べれば少ないです。

【非接着芯(フラシの芯)のデメリット】
接着をしていないので、衿やカフスにパッカリング(浮き)が出てくる時があります。


※お好みによっても違いますが、しっかりと仕上げたい時は接着芯。ふんわりと仕上げたい時は非接着芯。麻素材や綿の起毛素材は非接着芯使った方がふんわり仕上がって良いと思います。素材によって使い分けることもありますが、通常ビジネス用として接着芯をお使いでも素材によって非接着芯の方が良いと判断をした場合は当店からお客様のご承諾を得て非接着芯をお勧めする場合もございます。

フルオーダーメイドシルエットカラーポケットフロントバック クレリック ボタンネーム