カッタウェイカラー(1)

ワイドよりも広がりが強く、基本ネクタイを外して着用して頂きたい衿型。第一ボタンを外すと、衿先が後ろの方にいくので、綺麗に広がります。このシャツの生地はトーマスメイソンの硬めの生地を使っていますが、硬めの生地ではなくとも、ある程度このように綺麗に衿が立つのが特徴。


衿の広がりを綺麗に見せる為に、第2ボタンは通常衿台より5.5センチの所にありますが、7センチと1.5センチ下げております。

カッタウェイカラーのオーダーシャツ


カッタウェイカラーのオーダーシャツ


カッタウェイカラーのオーダーシャツ

横から見ると、衿型が綺麗に広がっているのがわかるかと思います。今回衿芯はフラシの普通芯にしました。洗っていくともう少し柔らかくなりますが、衿台は普通芯にして、衿羽根をソフト芯にすることも可能です。また後衿台は4センチと普通の衿なのですが、前衿台は後ろ衿台とそんなに差のない3.4センチくらいに設定してありますので、衿が高く見えると思います。ただネクタイをした場合は、前衿台が高いのでネクタイの巾や芯の厚みによっては、前衿台の上部が見えてしまう場合もあると思います。


他の色の生地(白)でも作ってみました。こちらは接着芯を使っております。

先ずはボタンを止めて撮影した3枚です。正面から見たところと、左右から見たところ。

カッタウェイカラーのオーダーシャツ


カッタウェイカラーのオーダーシャツ


カッタウェイカラーのオーダーシャツ


ボタンを外すと。こんな感じ。


カッタウェイカラーのオーダーシャツ


カッタウェイカラーのオーダーシャツ


カッタウェイカラーのオーダーシャツ

【カッタウェイカラー(1)】
後衿台4センチ
前衿台3.4センチ
衿羽根の長さ9センチ

ご注文の際には備考欄にデザイン番号「カッタウェイカラー(1)」とお書き下さい。衿型の変更だけなので、特別料金はかかりません。


その他にこのカッタウエイよりも、更に衿の羽根をラウンドさせて開きを広げたものがございます。「カッタウエイカラー(2)」こちらのリンクをクリックして頂ければご覧になられます。


カッタウエイカラー(1)とカッタウエイカラー(2)の違いを下の写真でご覧になって頂けます。


カッタウェイカラーのオーダーシャツ


上がカッタウエイカラー(1)下がカッタウエイカラー(2)です。衿の羽根のカーブが違うと思います。カッタウエイカラー(1)はほぼ直線ですが、カッタウエイカラー(2)はラウンドしています。


カッタウェイカラーのオーダーシャツ

羽根を重ねて写真を撮ってみました。上のヘリンボーンの衿がカッタウエイカラー(2)です。衿を重ねて見ると更によく分かるかと思います。

こちらの衿型は、オーダーシャツのご注文ページで選択できます。

その他のオーダーシャツのデザイン


その他のオーダーシャツのデザインへ