■麻のトリコロールテープとボタンを仕様したオリジナルデザイン。

麻のトリコロールのテープと同じくトリコロールのボタンを探しておりましたら見つかりました。これは以前にご紹介させて頂きましたが、これらを使ってどんなシャツを作るか。私の思うデザインとは出すぎず引っ込みすぎず。ちょっとだけ変わっているデザイン。



ということで作ったシャツです。トリコロールのボタンは第一ボタンと剣ボロだけ。前立てにリボンを真っ直ぐに貼る方法もあるのですが、ちらっと見せが今回のポイント。

衿の首にあたるところにもリボンを使っておりますが、これは着る時の楽しみもあると思って付けました。

カフスがポイントです。カフスの縁ギリギリにトリコロールのテープを貼りそしてカフスの形状は直角。そして端をあえて曲げて糸で縫い付けました。ですから角の部分はいつもトリコロールカラーが見える状態。カフスのボタンもトリコロールカラーにすることも可能でしたが、ポイントをカフスのテープに持っていきたかったので、あえてカフスのボタンは普通のプラスチックボタンを使用し、剣ボロにやや小さめのトリコロールカラーのボタンを付けました。



トリコロールカラーのテープを使ったのは下前立ての所に斜めに。そしてカフスに。そして裾にピース代わりに配しました。

もう一つのポイントはポケット無しにしてボディーに直接筆記体にてネイビーとレッドで重ねてネームを入れたことです。一つ一つのパーツは小さいですが、全体にバランスのとれたデザインになったのではないかと思っております。

また衿型はクラッシコワイド。衿台の高さは4センチと少し低めにしました。芯はフラシの一番薄いペラペラの芯です。仕様は一番最後に記載してありますのでご覧下さい。

右側のサムネイル画像をクリックすると左の画像が変わりますのでそれぞれのパーツの拡大が確認できると思います。


■衿型 : クラッシコワイド 衿台4センチ
■衿キーパー : 着脱式 ■衿カフス芯 : フラシ(非接着)の超ソフト芯
■カフス : 6.5センチ巾直角
■背タック : 背ダーツ入り
■ネーム : 筆記体重ね ネイビー×レッド
■トリコロールカラーテープ : 裏前立て上部 衿の首に当たる箇所 脇のピース部分 カフスの端
■トリコロールカラーボタン : 第一ボタン(11.5ミリ)剣ボロ(10ミリ)
■ボタン位置 : 第2ボタン衿台より7センチの所。テープがあるので通常よりも1.5センチ低い
■カフス : 6.5センチ巾の直角
■プライス : ベースの生地+¥3,000+税+ネーム代金¥550+税

この生地は。 NO-8844600 新定番麻の白 夏素材 イタリア リニフィチオ社製 麻100%
お仕立て上がり¥20,000+税の麻の生地にこの仕様そのままお付けしてプラス¥3,000+税そしてネーム代金¥550+税でお作りできます。ベースの生地の価格が変わるとお仕立て上がりの金額が変わります。テープが麻素材ですから、麻の生地をお勧め致します。

御注文の際には【デザインNO22238】と備考欄に記載頂ければ同様の仕様でお作りさせて頂きます。

その他のオーダーシャツのデザイン

その他のデザインへ